結婚生活ノート

出会いから結婚まで、結婚生活のリアルをお届けします。婚活の参考にも。

ナンパから始まった交際で、結婚へ。結婚後は「家族」として関係も深まり、喧嘩の回数も減りました。

あもりんのイメージアイコン あもりんさん

もくじ

    あもりんのイメージアイコン

    この方にお聞きしました

    20代女性あもりんさん 結婚1~2年目(結婚までの交際期間:2~5年)

    パートナーとの出会いは?

    私が大学2年生で彼が23歳の時に出会いました。夜遅くに私が1人で大学の前を歩いていた時に、車で通りかかった彼にナンパされました。ナンパではあったものの、チャラチャラした印象も全くなくて、意外にも誠実で不器用そうな人だったのであまり警戒しなかったのを覚えています。特に断る理由もなかったのでそのまま連絡先を交換して、そこから連絡を取るようになりました。

    交際に至るまでの馴れ初めなど

    ナンパされた後、友達以上恋人未満のような関係が数カ月続いていました。毎日のように会っていましたが、関係はずっと曖昧なままでした。そんな関係に嫌気がさした私は、彼に好きだと伝えて関係をハッキリさせて欲しいと思い切って伝えました。その時彼は、迷わずに”愛してる”と言ってくれて、これからも一緒にいようと言ってくれました。その日から正式に彼とお付き合いをすることになりました。

    結婚に踏み切った決め手は

    約3年間の交際を経て、私が大学を卒業した2か月後に籍をいれました。私は21歳と結婚するには少し若かったですが、彼が5歳年上だったのであまり若すぎるという感じでもありませんでした。彼も私も子供が出来るだけ多く欲しくて大家族にすごく憧れていたので、なるべく早く結婚して子供を作ろうという風に前もって話し合っていました。
    彼の経済面も安定しているのですぐに子供を作っても大丈夫だと判断し、結婚に踏み切りました。見事ハネムーンで授かったので計画通りです。

    結婚前と結婚後の生活はどう変わった?

    お互い気も強く主張も激しいので、付き合っている時から激しい怒鳴り合いの喧嘩が多かったのですが、結婚してからは大分減りました。もちろん結婚してからも他人なのですが、結婚前に比べると他人感が薄れていったのだと思います。家族になって愛しさも日に日に増し、お互いの事を常に考えて行動、発言するようになりました。

    結婚生活で自分なりに気を付けていること

    私が自分なりに気を付けていることは妥協をすることです。私と旦那は育った環境も全く違い、未だにお互い習慣や考えなどで驚かされることがあります。少し神経質気味な私は、同棲を始めたばかりの頃は、いちいち過剰に反応して喧嘩になることも少なくなかったです。今はほとんどの事は”仕方ないか”、と流すようにしています。もし彼のやり方等が不満ならば自分でやればいいので、いちいちうるさく注意をしたりするのをやめました。

    パートナーに直してほしいこと

    どちらかと言うと私の方がガサツなのであまり不満はありませんが、唯一気になる所は資源の無駄遣いです。私がエコに対してすごくこだわりがあって、ティッシュは極力使わないようにしたり、使えるものは再利用したりと普段から心がけています。それに比べて旦那は、水や紙の無駄遣いが多いです。
    またエコバッグを買ってあげても結局ビニール袋を使って買い物してきたりします。軽く注意はしていますが、こればかりは昔からの癖などがあるのでなかなか改善はされません。

    パートナーの良いところ・好きなところ

    旦那の1番好きな所は、時間が経っても付き合いはじめた頃と変わらず私の事を大切にしてくれる所です。普段の愛情表現やスキンシップもそうですが、行動からも私への思いやりが伝わってきます。
    ささいな事ですが、仕事の帰りに私の好きなものを買ってきてくれたり、朝早く起きて朝食を準備してくれたり、その他家事も率先して協力してくれています。彼のそういった部分に影響され、私も全力で彼を愛そうと毎日心がけています。

    現在婚活中の方へ、結婚についてのアドバイス

    結婚は絶対に焦ってはいけません。

    周りが結婚しているからといって流されるのは一番ダメだと思います。結婚に必死になりすぎていると、周りにもそれが伝わってしまって可哀そうな人という印象を与えてしまいます。相手がみつからない期間は自分を磨くことに専念できるいいチャンスです。外見を磨くだけでなく、内面を見つめなおして自分を高めることに時間を使うのが良いと思います。そうすることで自然と魅力が内面からも溢れるようになって、素敵だなと思ってもらえる事も増えると思います。1人の時間でもポジティブに生き生きとしている人はとても魅力的に見えます。

    こちらもどうぞ

    同じサークルの同級生と、長い友達関係から交際へ。結婚観や価値観が近く、この人しかいないと思いました。

    お互いに持病があり、通院先の病棟で知り合いました。結婚後はお金のやりくりをちゃんと考えるように。

    生まれてはじめてのお見合いから結婚。会ってすぐに結論を出してしまうのはもったいないと思います。

    病気が結んだ縁。駄目になりかけていた自分を助けてくれた彼と結婚しました。

    出会いはSNS。おじいちゃんおばあちゃんになっても一緒にいたいと思えたので、結婚しました。

    出会いのキッカケは、高校の帰り道の駐輪場。結婚前から何でも言い合える家族のような存在でした。

    出会いは職場です。趣味が同じことから飲みに行ったり、一緒に出かけるようになり、交際に発展しました。

    チャットメンバーの見守りから交際へ。遠回しにプロポーズの催促を感じ、結婚に踏み切りました。