結婚生活ノート

出会いから結婚まで、結婚生活のリアルをお届けします。婚活の参考にも。

出会いのキッカケは、高校の帰り道の駐輪場。結婚前から何でも言い合える家族のような存在でした。

ハッピーのイメージアイコン ハッピーさん

もくじ

    ハッピーのイメージアイコン

    この方にお聞きしました

    30代女性ハッピーさん 結婚5~10年目(結婚までの交際期間:5年以上)

    パートナーとの出会いは?

    同じ小中学校出身の先輩後輩です。出会いのキッカケは、高校の帰り道に駐輪場でぶつかりそうになったことです。
    お互い同性の友だちと帰宅中で、最初はその友だち同士が良い感じでした。主人と私はその2人を応援しようと連絡を取り合うようになり、意気投合して付き合うようになりました。もう10年上も前の懐かしい思い出です。

    交際に至るまでの馴れ初めなど

    人生で初めて、クリスマスの日にデートに誘われました。まだ正式に付き合っていなかったし、付き合えるかもわからず不安とドキドキの中でイルミネーションを見に行きました。
    家まで送ってくれてお礼を言い、このまま終わってしまうのかなと思った時に告白してくれました。自分も同じ気持ちだったことを伝えると、嬉しそうにギュッとハグしてくれました。

    結婚に踏み切った決め手は

    付き合い始めた時から、この人と幸せな家庭を築きたいという思いがありました。お互いに少し変わっているところがあるけどなんでも笑い合えて、一緒にいると楽しくて幸せでした。理由は他にもいろいろありますが、一番の決め手は自分の家族を大切にしている姿に惹かれたからかもしれません。結婚してからのイメージが自然に湧いてきました。

    結婚前と結婚後の生活はどう変わった?

    付き合いが長かったので、結婚前からラブラブなカップルというよりは何でも言い合える家族のような存在でした。
    結婚後に変わったというよりは、子どもが生まれて大きく変わりました。休みの日の過ごし方も、旅行先もそれまで自分たち中心で考えていましたが産後は子ども第一に考えるようになりました。お互いの呼び名も名前でなくパパママになりました。

    結婚生活で自分なりに気を付けていること

    いつも子ども中心で考え過ぎてしまい主人にかわいそうな思いをさせてしまうことがあるので、思いやりを持って行動しなければと考えています。
    子どもが寝たあとは主人の話にじっくり耳を傾けたり、相談したりふざけ合ったりとくだらないことでも一緒に笑ったり共有し合っています。そして日々感謝の気持ちを持って行動しています。

    パートナーに直してほしいこと

    洗濯物がいつも裏返しでその辺に脱ぎっぱなしなところやお酒を呑みすぎるところを直して欲しいです。特にお酒に関しては、健康診断でも肝臓の数値が良くないので心配です。
    楽しく呑む分には良いのですが、連絡なしで呑みに行ってしまったり何時に帰るかわからないことがよくケンカの原因にもなるので直して欲しいと思います。

    パートナーの良いところ・好きなところ

    いつも家族のために一生懸命に働いてくれて感謝しています。休みの日でも子どもたちと公園に行ったり買い物に行ったり、愛情いっぱいに育ててくれています。重い荷物は率先して持ってくれたり、たまに美味しくてボリュームいっぱいのご飯を作ってくれます。
    そして私の両親のことも自分の両親と同じように大切にしてくれるところがありがたいです。

    現在婚活中の方へ、結婚についてのアドバイス

    相手を思いやる気持ちを大切にしてください。
    いつでも「ありがとう」「ごめんなさい」を素直に言える自分になればきっと自分を大切にしてくれる素敵なパートナーに出会えると思います。あんまり頑張り過ぎずにたまには深呼吸してフーと肩の力を抜いたら案外パッと良い人に出逢えるかもしれません。幸せな結婚を願っています。

    こちらもどうぞ

    「一生独身」と思っていましたが、知人の食事会からトントンと結婚まで。行動は大事です。

    出会いはSNS。おじいちゃんおばあちゃんになっても一緒にいたいと思えたので、結婚しました。

    お互いに自分の時間を大切にしています。趣味も全く合いませんが、笑わせてくれる主人が大好きです。

    お互いに持病があり、通院先の病棟で知り合いました。結婚後はお金のやりくりをちゃんと考えるように。

    人見知りな自分でも心を開く事ができる、人柄の良さに惹かれました。弱いところも隠さずにいられます。

    mixiのオフ会で知り合った初めての彼女と結婚しました。妻がいるから毎日元気に生きていけます。

    病気が結んだ縁。駄目になりかけていた自分を助けてくれた彼と結婚しました。

    チャットメンバーの見守りから交際へ。遠回しにプロポーズの催促を感じ、結婚に踏み切りました。