結婚生活ノート

出会いから結婚まで、結婚生活のリアルをお届けします。婚活の参考にも。

お互いに自分の時間を大切にしています。趣味も全く合いませんが、笑わせてくれる主人が大好きです。

くまもんのイメージアイコン くまもんさん

もくじ

    くまもんのイメージアイコン

    この方にお聞きしました

    30代女性くまもんさん 結婚5~10年目(結婚までの交際期間:2~5年)

    パートナーとの出会いは?

    主人が働いていたBarに私の友達が通っていて、私も一緒に飲みに行ったときにその友人から主人を紹介されたのが出会いでした。
    私はお酒をあまり飲まないので、Barにはほとんど行ったことがなく、友人に「いつも行くBarにかっこいい子がいるんだけど、一緒に行く人いないから、今日だけ付き合って!」と頼まれて渋々付いて行ったのを覚えています。そもそもBarに行ったこともなく、お酒を飲みに行くのにかっこいい子は関係あるのか?と疑問に思っていました。でも主人を紹介されたときに私も主人をかっこいいと思ってしまったのを覚えています。

    交際に至るまでの馴れ初めなど

    初めて会った日に主人からBarの営業終了後に友人も一緒にみんなで食事に行こうと誘われ、そこで番号交換をしました。それから連絡を取り合うようになりましたが、私と主人では生活リズムが合わずになかなか会えずにいました。そんなとき、紹介してくれた友人にまた主人の働いているBarに一緒に行こうと誘われ、飲みに行くことになりました。
    Barに行くと夜のお店で働いている女性の方がたくさん来ていて、みんなお気に入りの店員さん目当てに通っているという感じでした。もちろん主人目当てのお客さんもたくさんいて、そんな世界に無縁だった私は「主人とはやはり住む世界が違うのかもしれない」と諦めモードになり、楽しめずにいました。しばらくすると主人が私たちの近くにきて、みんなの前で私のことを「俺の好きな子」と紹介してくれたのです。その日をきっかけに正式にお付き合いすることになりました。

    結婚に踏み切った決め手は

    私と主人はお互いに自分の時間を大切にしています。付き合っているときも家が近かったので、会おうと思えば毎日会えたのですが、週に1日くらいしか会いませんでした。私は自分の時間が無いとダメなので、会いたい会いたいと言われていたらダメだったかもしれません。
    そして主人はいつも私をたくさん笑わせてくれます。喧嘩していても主人がおもしろい事をして、私の気持ちを穏やかにしてくれます。デートやイベントがなくても、家にいるだけで楽しめるところが結婚に踏み切った理由です。

    結婚前と結婚後の生活はどう変わった?

    結婚後は以前よりもとくに1人1人の時間を大切にするようになりました。結婚してからは、子供の行事以外は一緒に行動することはほぼありません。私と主人は趣味も全く合わないので、お互いが自由に自分の趣味を楽しんでいます。でもなぜか家では常に同じ部屋にいます。同じ部屋にいても別々のことをしています。それでもたまに会話をして楽しく過ごしています。

    結婚生活で自分なりに気を付けていること

    うちは共働きですが、なるべく自炊するように心がけています。主人は外食やコンビニ弁当でも全く文句言いませんが、簡単でも手作りのものを出すようにしています。おかげで毎日必ず家で食事をします。
    飲みに行く日は1年に1度くらいです。嬉しいけど、たまには会社の人とご飯食べに行ったりしてほしいです。でも料理が下手な私の料理を楽しみに帰ってきてくれてありがとう。

    パートナーに直してほしいこと

    ジュースとお菓子好きをやめてほしいです。水分はほぼジュースしか飲みません。そのせいでお酒飲まないのに健康診断引っ掛かりました。もっとお茶お水を飲んでほしい。お茶を用意しても半分しか飲んでいないのを私は知っています。お菓子好きもほどほどにしてください。とくに板チョコを1枚いっきに食べてしまうのやめてください。もう若くないので健康に気を付けてください。

    パートナーの好きなところ、愛をつたえて

    お喋りでおもしろいところが大好きです。必ず毎日私を笑わせてくれます。これからも一生笑わせてください。こんなに毎日笑顔でいられる私は幸せです。
    どんなに嫌なことがあっても、憂鬱な朝も、パパのくだらないギャグで穏やかな気持ちになります。パパが帰宅した瞬間から家の空気が明るくなります。これからも楽しいパパでいてください。

    現在婚活中の方へ、結婚についてのアドバイス

    結婚は楽しいことばかりではありません。毎日一緒にいると嫌な部分もたくさん見えてきてしまいます。でも1人では味わえない幸せなこともたくさんあります。
    嫌いと思ってしまう日もあるかもしれません。だから、結婚する相手は絶対に誰にも負けないくらい好きなところを一つ見つけてください。
    それさえあれば、嫌なことがあっても許せるようになるはずです。

    こちらもどうぞ

    同じサークルの同級生と、長い友達関係から交際へ。結婚観や価値観が近く、この人しかいないと思いました。

    mixiのオフ会で知り合った初めての彼女と結婚しました。妻がいるから毎日元気に生きていけます。

    出会いはSNS。おじいちゃんおばあちゃんになっても一緒にいたいと思えたので、結婚しました。

    出会いは職場です。趣味が同じことから飲みに行ったり、一緒に出かけるようになり、交際に発展しました。

    人見知りな自分でも心を開く事ができる、人柄の良さに惹かれました。弱いところも隠さずにいられます。

    チャットメンバーの見守りから交際へ。遠回しにプロポーズの催促を感じ、結婚に踏み切りました。

    学生時代からの付き合いで、条件など何も意識せずにフィーリングのみで結婚を決めてしまいました。

    「一生独身」と思っていましたが、知人の食事会からトントンと結婚まで。行動は大事です。