結婚生活ノート

出会いから結婚まで、結婚生活のリアルをお届けします。婚活の参考にも。

出会いは職場です。趣味が同じことから飲みに行ったり、一緒に出かけるようになり、交際に発展しました。

ゆうのイメージアイコン ゆうさん

もくじ

    ゆうのイメージアイコン

    この方にお聞きしました

    30代女性ゆうさん 結婚2~5年目(結婚までの交際期間:1~2年)

    パートナーとの出会いは?

    出会いは職場です。元々同期入社なので、何となく名前は聞いた事あるけど、お互いのことはよく知らないまま入社から10年くらいが経過しました。その後、部署異動で彼がわたしの上司として異動してきたのがきっかけです。趣味が同じことから飲みに行ったり休みの日に一緒に出かけるようになり、そのまま交際に発展しました。

    交際に至るまでの馴れ初めなど

    お互い山登りが好きで、一緒に山に登るようになりました。山に登る前は仕事帰りに打ち合わせを兼ねて飲みに行ったり、一緒にいるうちに交際を意識するようになりました。ですが、お互い恥ずかしがり屋なため、なかなか告白する感じにはならず、最終的にはわたしが痺れを切らして、彼に気持ちを聞く形で告白を誘導しました(笑)

    結婚に踏み切った決め手は

    お互い田舎から出てきてたり、自然が好きで家庭菜園もやってたり、趣味が同じだったり、お酒が好きで一緒にいると楽しかったりと、何となく、結婚も意識し始めたころ、彼のお母さんが亡くなりました。彼がお母さんの訃報を電話で受けたあと、一緒にいたわたしの胸で泣いた時に、「この人の家族になりたい」と感じたことが、1番の決め手です。

    結婚前と結婚後の生活はどう変わった?

    付き合っている時は楽しいだけだったけど、何かを一緒にやり遂げないといけないという時に困ることが増えました。
    わたしは何でも時間に余裕をもって早め早めに仕事を進めたいタイプ。主人はギリギリまでやらないタイプ。結婚式の準備辺りから何度もぶつかりました。でも毎回わたしが怒るだけで、主人はそれを受け流すのでケンカにはなりません。

    結婚生活で自分なりに気を付けていること

    毎日美味しいご飯を作る。彼の好みに合わせてメニューを考えます。
    彼の意見を尊重する。彼への愛や感謝をきちんと伝える。
    なんの予定もない日でもきちんとメイクする。下着も手を抜きません。下着を干す時は彼から見えないように干します。
    あとは未だに彼の前でオナラしたことありません!彼はめちゃくちゃしますが…(笑)

    パートナーに直してほしいこと

    残ったご飯はタッパーに詰めて冷凍しているのですが、これはいつも最後に食べる(私は子供と先に食べる)主人の仕事。何度言ってもタッパーの蓋の溝にご飯を挟むので困っています。あとは洗い物が雑なこと。何度も洗い直しています。
    あと休みの日は毎回午後昼寝で潰れるので、たまには夜早く寝て、日中活動的に過ごしたいなと思います。

    パートナーの好きなところ、愛をつたえて

    わたしがどれだけ怒り散らしても、つられて怒り返さないことに助けられてます。またわたしがこどもにイライラしてても、根気強く子どもに付き合ってくれるので尊敬します。
    仕事で嫌なこともあると思うけど、滅多に愚痴を零さないこと、偉いなと思います。基本的にお願いをすれば大体のことはやってくれます。休みの日はご飯も作ってくれるし、子どもとお風呂も入ってくれる。とってもいい旦那さんです。

    現在婚活中の方へ、結婚についてのアドバイス

    結婚は付き合うのとは違って、色んなことを一緒に乗り越えないといけません。お金のことを話し合ったりもしないといけないので、お互い取り繕った関係では結婚生活を送るうちに無理が出てくると思います。
    「この人になら本当の自分を見せられる」「この人なら大体のことは許せる」と思える相手となら結婚に進んでいいと思います。

    こちらもどうぞ

    ナンパから始まった交際で、結婚へ。結婚後は「家族」として関係も深まり、喧嘩の回数も減りました。

    お互いに自分の時間を大切にしています。趣味も全く合いませんが、笑わせてくれる主人が大好きです。

    病気が結んだ縁。駄目になりかけていた自分を助けてくれた彼と結婚しました。

    出会いは職場です。趣味が同じことから飲みに行ったり、一緒に出かけるようになり、交際に発展しました。

    出会いはSNS。おじいちゃんおばあちゃんになっても一緒にいたいと思えたので、結婚しました。

    「一生独身」と思っていましたが、知人の食事会からトントンと結婚まで。行動は大事です。

    同じサークルの同級生と、長い友達関係から交際へ。結婚観や価値観が近く、この人しかいないと思いました。

    お互いに持病があり、通院先の病棟で知り合いました。結婚後はお金のやりくりをちゃんと考えるように。